忍者ブログ

産業医科大学ヨット部HP

産業医科大学ヨット部の公式HPです。 イベント行事、更新履歴、大会結果、練習記録などを掲載しています!!

林杯・インカレレースの感想

医学部5年 470級  常世田 修平
最後のインカレが終わりました。
僕としては心技体の部分で1番足りないのは心ということが1番露呈されたレースだったのかなと思います。
もちろん技、体ともに順調に仕上がっているといえばそんなことは到底言えません。ランニング、リーチング、クローズどれを取ってもまだ足りていない要素はたくさんあると思っております。
しかし、意識付けや想定、考え得ることを出来るだけ考えていき、精神的な幼さを抜本的に見直していかないと西医体は到底戦うことができないなと改めて感じることができました。
5年間の集大成といえる最後の西医体で最後に表彰台の1番上で笑えるようにどうすればいいのか、あと3ヶ月悔いのないように必死で駆け抜けたいと思います。
今回のインカレでハーバーにお越しくださいましたOBOGの皆様ありがとうございました。
これからも多大なる御声援の程宜しくお願い致します。


医学部4年 snipe級  中野 円華
林杯では2年野澤のクルー、インカレでは野澤と2年原田のスキッパーとして全レース出場させていただきました。
林杯ではマークを回るのではなく、今回は能古島の隣にある象瀬という小さい島を回るコースでした。結局途中で風が無くなりノーレースとなったのですが、スタート直後までは7knotほどの良い風が吹きスキッパーデビュー戦にはもってこいでした。
私自身としてはハンドリングを教える事でいっぱいいっぱいになってしまい、周りを見ることが出来なかったことが反省点です。野澤に関してはつめる癖があったりスタートで並ぶことなど様々な課題はありますが2年生スキッパーにしてはかなり頑張って走ってくれたと思います。5月からの練習でもっと伸びてくれることを期待します。
インカレでは例年と異なり全レース微風〜順風のコンディションでした。私は今までクローズでは角度を重視した走りをしていたのですが、今回のレースではつめた結果艇速が思ったように出ず、角度を落としている他の艇に速度で圧倒的に負けてしまいました。逆に、先日の強風の同志社ウィークでは他の艇よりも角度をつめたことで1上では中の下くらいの順位で回航できたレースもありました。これらのことから、どのくらいの風速だと角度を重視すべきか、どのくらいまで風が落ちると速度を重視すべきかを考えねばならないと思いました。今後の柏原でも様々な風域での練習があると思いますが、この事を意識して上りの練習を行っていきたいと思います。
また、風が弱いにも関わらずメインを入れすぎていたことも今回の結果の大きな一因だと思います。同様に、どれほど風が落ちたらどのくらいメインを抜いた方がいいのか、ということも考えていきます。
下りでは他艇と艇速はほとんど変わらなかったのですがタクティクスが弱くコース引きで負けてしまったと感じました。この点は座学で埋めていくしかありません。個人で勉強するのではなく、部全体で学び知識を共有します。また、自分の苦手な波乗りをマスターしたいと思います。下りの時にずっと波に乗せようとしていたのですがなかなか乗せることが出来ずもどかしい思いをしました。しかし、波に乗れた時にかなり加速し、1艇抜かすことが出来た時に波乗りの重要性を再認識しました。波に乗せるコツは常世田先輩に教えていただいたので、早速今週末の練習から特訓します。
2日目のクルーだった野澤は大きなミスは少なく、大抵のことはソツなくこなしてくれました。冷静に海面の状況を見たりなど落ち着いていた所がとても良かったと思います。
1・3日目のクルーだった原田は1日目は目立つミスがありましたが、レース終了後から自分のミスを書き起こしたり分からなかったことを質問してくれました。3日目には1日目のミスを繰り返すことなくしっかりとクルーワークを行ってくれました。注意したことをしっかりと修正できたところや疲れているのに元気出してレースしていたところがとても良かったです。
最後になりましたが、今回応援にかけつけてくださった大和先生や中河原先生、橋本先輩、弥永さん、引退された先輩方ありがとうございました。また、ご指導くださった黒田さんに厚く御礼申し上げます。
今回のレースではペアの2人にいい思いをさせることが出来ませんでしたが、西医体ではトップフィニッシュのホーンを聞かせられるように3人でセーリングを磨いていきたいと思います。


医学部4年 470級  髙橋 雅
 今回のインカレでは、1日目と3日目に2年の佐藤のスキッパーとして出場させていただきました。
 1日目は順風、3日目は微風でした。1レース目はゲートマークを間違えて回ってしまうという失態、プロパーにこだわって艇速を疎かにしてしまった点、思い返してみるとキリがないです。ダメダメなスキッパー相手に、佐藤はよくクルーをしてくれたと思います。最初はロールタックを出来ていなかったですが、3日目の風待ちの時に、他大学のロールタックを見て、実際タックをして、ということを繰り返しているうちに徐々に形になって、レースでも出来ていたかなと思いました。なかなかスピンを上手にはれていなかったようなので、これから練習で上手くなっていってほしいです。
 また、2年の中原は初めての大会でスキッパーとして出場するということで、人並み以上に緊張と不安があったと思います。ですが、艤装、セッティングにも積極的に取り組み、自分自身で良し悪しを考えており、とても頼もしく感じました。
 高野も華奢な身体で、クルーワークをよく頑張っていたと思います。
 今後も後輩の成長に力添え出来ればと思っております。雨の中の積み込みから始まり、大会後の夜遅くの積み降ろしまで、全部員、疲れている中、よく頑張ってくれました。
 最後に、ハーバーまでお越しくださいました大和先生、中河原先生、黒田さん、弥永先輩、岡田先輩、有田先輩、そして、後輩と乗って下さった石塚先輩、村瀬先輩に感謝申し上げます。また、毎年練習や合宿所でお世話になっております、西南大学の方々、本当にありがとうございました。
 私達は、これから西医大に向けて頑張っていきます。どうぞ温かいご声援をよろしくお願い致します。


産業保健学部3年 snipe級  中嶋 友佳
今回林杯、インカレに2年澤井のスキッパーとして出場しました。抱負で書いた目標としていたことよりも、正直艇速を維持することの大事さを痛感したレースでした。普段から詰め気味でクローズを走っていたので風が落ちた時にスピードダウンしてしまいロスが多くありました。どの風でも艇速を落としてはいけないし、ハンドリングができていなかったと考えられます。
私と澤井は女子艇ですので他の艇と比べるとやはり体重は軽いです。だからこそどうすれば周りとフェアに走ることが出来るのか、考えなければならないし、知識をもっとフルに活用しなければならなかったと思いました。力で何とかしようとするのではなく、コントロールロープやセッティングでの調整といった知識を上手く利用しなければならなかったと反省しています。
また、自分が弱いなと感じたのは下りです。最終日に1レースだけあった最終レースで軽風だったのですが、1上の時点で後ろに4、5艇、周りに10艇近くいる中で回航しました。この位置で下り、周りの艇に離されまいとやっていたのですが、徐々に離されていき、1下回航する時には後ろに2艇しかいない状況でした。自分の中では周りが何をしているのかが良く見えたし自分もまねをしてついていたつもりでしたが、動作の丁寧さや波ののせ方など細部の差が艇速に影響していると思います。
そして、私のクルーとして出場した澤井は初レースでしたが、全力を尽くしてくれました。レース中は疲れて喋れなくなるほどハイクアウトしてくれたし、陸ではタックのタイミングやランチャー出す時の立ち位置など細部までどうすればいいか真剣に考えてくれました。練習では沈ばかりして、今回のレースも不安が大きかったはずですが、1度も挫けず全レース一緒に出てくれた事が何よりも嬉しいです。
最後になりますが、今回小戸に来てくださった大和先生、中河原先生をはじめとするOB・OGの皆様、本当にありがとうございました。これからも応援の程よろしくお願い致します。


医学部2年 470級  佐藤 槙紀
今回、小戸までお越しくださいましたOBや引退生の方々に深く感謝申し上げます。
今回の遠征での収穫はとても大きかったと感じています。
初めてノーレースでないレースに出場できたということが収穫でした。自分のクルーとしての知識・技術が大変未熟であることに気づけたことも収穫です。しかし、それ以上に、自分のマインドの貧弱さついて自覚できた点が最大の収穫でした。
主体性が欠けていました。その時その場の状況を自分で判断し、責任を持って自分で行動することができていませんでした。以下、その反省を記します。
私は他人の自分への悪感情や悪評価が苦手です。自己の存在価値が否定されたように感じられるからです。そして、他人の評価を気にするあまり、自分の気持ちや考えを後回しにしつつ他人の期待に従って行動していました。
目前の人が何を考えているか。何をしようとしているのか。そのために何を求めているのか。何を私にして欲しがっているのか。それらのことばかりを考えていました。
この荷物をどかして良いのか、同輩に聞いてみよう。同輩がスピンシートを取り付けようとしてるから俺も手伝おう。先輩に言われたから、タック前にヒールをつけよう。先輩に言われたから、微風時に下のバウ側に座ろう。
自分の知識・考えに自信がない。自分の勝手な行動による失敗は、他人の悪評価に繋がりかねない。だから、相手の期待を見出しそうとする。期待に答えることで精一杯。
これは先輩・同輩方に甘えた行動でした。自分で考えて行動する責任を放棄しているからです。まるで他人事のように部活動を捉えた行動でした。指示されたタスクしかこなさない操り人形のようでした。
受験生の頃、ヨットの動画達みたいに気持ちよく海を走ってみたいと憧れたのも自分。先輩方に退かれるくらいにヨットについて調べていたのも自分。部活を選んだのは自分。
あの動画達のように自分もヨットを走らせてみたい。それが私の初心であり、原点です。そして、その理想に近づけているかの指標にレースの結果があると考えています。
だから、今回のインカレの不甲斐ない結果に奥歯を噛みしめるほどの悔しさが湧き上がってこなかったことが、逆に一番悔しかった。結果まで他人事のようになっていました。
小戸からなんとも言えない違和感を連れて折尾に戻りました。先輩方と対話したり自分の気持ちを書きなぐって違和感の中身を整理しました。そして、やっとそのことに気づいたときに、心底悔しかった。
このようなお見苦しい懺悔を書き殴り、お目汚しをしてしまいお詫びいたします。不退転の決意を未来の自分へ表明し、この反省を心に刻むためにもこの場を使わせていただきました。
悔しさが掘り起こしてくれた初心を胸に、理想にこだわり、正解にこだわり、結果にこだわる。自主性を持ってヨット部を味わい尽くしたいと考えています。


医学部2年 snipe級  澤井 陽菜
3年の中嶋先輩のクルーとして今回の林杯とインカレに出場させて頂きました。初レースではあり、やはり柏原で走るときとは全く異なる環境で緊張しましたが、他大学の艇が周りを走っているという状況に1番戸惑いを感じてしまいました。今回反省する点は多く、他大学と比べても劣っている点を見つけることで自分の今の現状を考えさせられました。今回の小戸遠征で強く感じたことは、走り比べをする艇が多いほど自分たちの現状を理解しやすく、改善を図ることができるということです。実際にスキッパーの中嶋先輩とも着岸してから、どこが悪かった、どこをどうすれば良い、といった事を話し合う時間があり、それを次の日のレースで生かすといったことがありました。遠征は、何が足りていないのか、どう改善すべきなのか、どうしたら他大学のような走りをすることができるのかなどをじっくり考えることができる絶好の機会であると感じました。3日間のレースではほぼフルハイクで、、レース後は疲労困憊の状態でありましたが、やはり体力、筋力が不足していることを実感しました。体力が無いためにクルーの仕事を全うすることができず、中嶋先輩にもご迷惑をおかけしてしまいました。フルハイクであってもクルーワークを確実にすることを目標としてこれからの練習に臨んでいきたいと思います。


医学部2年 470級  髙野 桜子
インカレ1日目と3日目に常世田先輩のクルーとして出させて頂きました。
1日目のレースでは、2回目のレースということもあり前回の同志社ウィークの反省を生かしてしっかり走らなければならないと思うあまり緊張し、自分のやるべきことが疎かになってしまいました。スキッパーにも怒られてしまい雰囲気が悪い中3レース走り、結果は散々なものとなりました。いかにスキッパーとクルーの連携が大切なものであるか実感したレースでした。
3日目のレースでは1日目できなかったことはもう2度と失敗しないという気持ちで臨みました。1上のマーク回航の時、鹿屋体育大や日本経済大、九大など1日目のレースでは見たこともないような艇が周りにいたのはとても感動的でした。前を走る楽しさを少しの時間でしたが感じることができました。しかし、リーチでスピンを張るのに時間がかかったり、下りでパンピングする際にスピンを潰してしまったりとスピンの覚束なさ故に多くの艇に抜かされてしまいました。これからの練習でスピンへの苦手意識を克服できるよう努力していきたいと思います。
多くの課題や、試合に臨む際の気持ちの持っていき方を学ぶことができた充実した7日間でした。
最後に、ハーバーにお越し下さった大和先生、中河原先生をはじめとするOB、OGの皆様ありがとうございました。今後ともご声援のほどよろしくお願い致します。


医学部2年 470級  中原 脩
470級2年の中原です。林杯では村瀬先輩、西日本インカレレースでは石塚先輩のスキッパーとして出場させていただきました。
初レースだったこともあり予告信号を聞いた時は大変緊張しました。
目標として挙げていたスタートに関しては、レースを重ねる毎に徐々に前の方で出れるようになりましたが、どこのルームに入るかやメインセールを抜くタイミングなどは全て先輩方におんぶにだっこという感じでした。周りの艇にぶつかることを恐れて前に出れなかったのは自分の経験の浅さが露骨に出た結果だと思います。柏原での日頃の練習では大会のようなビックフリートでの感覚を経験することは出来ませんが、比較的狭い2艇のルームに入り込む練習やその場に流されずに止まる練習などの、普段見逃しがちな基本動作について反復を徹底することの重要性を身にしみて感じました。
とはいえ、2年生でスキッパーとしてインカレを経験するという稀有な機会に恵まれ、その中で3レース走り切れたということが自分の中でも自信になったのは確かです。周りと肩を並べて走る爽快感や、レースを重ねる毎に自分のロスを修正していけた喜びは大きく、着岸したとき中河原先生に「楽しかったです」と言いきれるレースに出来たことが今は非常に嬉しいです。部員それぞれ受け止め方が違うインカレだったとは思いますが、自分にとっては充実した初レースとなりました。
最後に、ご自身の勉強がお忙しい中一緒に大会に出てくださった村瀬先輩と石塚先輩、少し先のブローや他の艇の状況などを随時教えていただけたので心強く、自分としても自身のスキッパーワークのみに集中できたので大変走りやすかったです。重ねて応援に駆けつけてくださった全ての方々も、どうもありがとうございました。


医学部2年 snipe級  野澤 優太
今回、林杯に4年の中野先輩のスキッパーとして、インカレ2日目に中野先輩のクルーとして出場させていただきました。
林杯では初めてスキッパーとしてレースに参加しました。途中で風が止み、上マークを回る直前でノーレースとなってしまいましたが、練習不足や技術不足を改めて痛感しました。スタートはもちろん上りにおいても多くの課題が出てきました。これからの練習で一つ一つ丁寧に潰していきたいと思います。
インカレではクルーで参加しました。スキッパーとして練習していたこともあり、スキッパーがクルーに対して今どういうことをしてほしいか、なんとなくわかってきました。実際にレースで実践してみようと思いましたが、頭ではわかっていても、体が動かず非常にもどかしい思いをしました。致命的なミスはなかったものの、わずかな操作のミスや遅れが、レースで差が出るポイントであることを実感しました。これからの練習の課題としたいと思います。
最後に今回小戸まで応援に来てくださった大和先生、中河原先生をはじめとするOB OGの皆様、ありがとうございました。これからもよろしくお願い致します。


医学部2年 snipe級  原田 凛太郎
私は中野先輩のクルーとしてインカレ1日目と3日目に出させて頂きました。
1日目は個人的には酷い出来でした。一つ一つここに列挙するのも嫌になる程初歩的なミスを何度も繰り返してスキッパーは集中出来なかったと思います。私のミスのせいでどれ程差をつけられたのか、どれ程スキッパーの迷惑になったのか。それを1日目のレース後に考えるだけで非常に情けない心持ちになりました。中野先輩のおかげで1日目のレース結果はまだ見れる数字にはなったと思いますが、私のミスがなければ5つくらい上の順位も取れたのでは?と今でも思ってしまいます。レース1日目で変に緊張し過ぎたからなのか、新歓期間中一切スナイプに乗ってないせいで勘がなくなってたからなのか分かりませんがこのようなレースは今後一切無いようにしたいです。
1日目のミスの内容は全てノートに書き出して、それを繰り返さないようにする対策も書き出して、1日目のような失態は二度とせぬように3日目に臨みました。その成果もあり3日目は無事1日目に犯したミスは殆どしませんでした。1日目は自分のことに精一杯で周りが見えていなかったのですが、3日目は周りを見る余裕がありました。とはいっても周りの何を見るべきなのかをまだ把握しきれていなかったためまだそこは未熟な部分だと感じました。また、クルーワークを機械的に出来る域には全くないので基本動作を何度も積み重ねていきたいと思います。今はまだ、クルーのするべき仕事を未だにスキッパーにしてもらっている状態でスキッパーに余計な気を使わせてしまっています。クルーのすべき仕事を先輩に教えて頂きながら、本を読みながら西医体に向けて練習していきたいと思います。
PR

林杯(5/1)およびインカレ(5/3~5)への抱負

医学部5年 470級  常世田 修平

今回、2年の高野、佐藤のスキッパーとして出場いたします医学部5年の常世田です。
インカレの目標として
*リコールを恐れずスタートを攻めて一列目で加速も負けないこと。
*気持ちのムラをできる限り減らすこと。
*練習で出したことをしっかり出し切ること。
*動作は丁寧に。
海上での経験値は少ない今年のメンバーではございますが、同志社ウイークや練習で行ってきたことを反芻し、出来る限りのことを全力でしていきたいと思います。
どうか温かいご声援のほど、よろしくお願い致します。


医学部4年 470級  髙橋 雅

今回のインカレでは、2年生の佐藤とスキッパーとして、1日目と最終日に出場させていただきます。
技術的にも精神的にも未熟ですが、精一杯頑張ります。
後輩の佐藤の成長に少しでも貢献できたらと思っております。ご声援のほどよろしくお願い致します。


医学部4年 snipe級  中野 円華

今年は林杯で2年野澤のクルー、インカレで野澤と2年原田のスキッパーとして全レース出場させていただきます。
林杯では久しぶりのクルーとなりますが、野澤が走りやすいようにミスなくクルーワークを行いたいと思います。
インカレでは3日間スキッパーとして舵を取りますが、先日の同志社ウィークで改めて自覚した自分の弱点である権利主張や下りのタクティクスをしっかりと考えていきたいと思います。
いつも通り、2人と息を合わせてレースに臨みます。


産業保健学部3年 snipe級  中嶋 友佳

今回、林杯とインカレに2年生の澤井のスキッパーとして出場させていただきます。
私は今回のレースで丁寧さを大事にしていきたいと考えます。
自分ももう3年生となりますが、スキッパーとしてまだまだ雑な部分が多く、指摘を受けることが多いです。一つ一つの動作を中途半端にしないようにし、ベストスピードを維持したいと思います。
またスタートでは、いい位置取りを出来るようにしたいと思います。私はスタートを苦手としており、これまで何度も練習を重ねてきました。先輩方から多くのご指導を頂いた事を自信に変え、良いスタートを切れるよう頑張ります。
今回クルーとして出場する澤井は初レースであり、西医体では一緒に出るので、それに向けての活力となるよう、まずは安全に、そして完走を出来るようにします。海面は違えど、得るものを見つけてくれたらいいなと思います。
よろしくお願いします。


医学部2年 470級  佐藤 槙紀

常世田さんと高橋さんのクルーとして林杯・インカレに出場いたします。470所属の佐藤です。
今回のGWの合宿・大会では二つの目標を持って挑みます。
1:最後まで体力と精神を絞り尽くす。
厳しいであろう今回の遠征を、折れずに乗り切る事が一つの目標です。そのための体調管理・マインドコントロールなどを意識しながら過ごしていきたいと思います。
2:回りをみる
正直、クルーとしてレース出場の経験が未熟で、クルーワークに手一杯となると思います。それでも、少しでもスキッパーや周りの艇の様子に気を配るよう意識していきたいと思います。
以上の目標を持って、GWを有意義に過ごしたいと思います。


医学部2年 snipe級  澤井 陽菜

今回のインカレは自分においては初の大会ということで不安も多いが、逆に他の大学と自分の違いが学べる絶好の機会であるという点では楽しみでもある。中嶋先輩の引退クルーに選んで頂いたからには西医体に向けて1つでも多くのことを学び、生かしていくことを目標として大会に臨みたいと思う。風が上がった場合は、岡田先輩がスキッパーとして乗って下さるということで、大変心強く思う反面、それに甘えることなく今まで中嶋先輩との練習で得られてきたことを思い出し、全力を出し切りたい。ハイクアウトも死ぬ気で出て悔いを残すことなくインカレを終えられたらと思う。


医学部2年 470級 髙野 桜子

今回は常世田先輩のクルーとしてインカレ1日目と3日目に出させて頂きます。
3月の同志社ウィークの経験と反省を生かし実りあるレースにしたいと思います。応援のほどよろしくお願い致します。


医学部2年 470級  中原 脩

このたび1日の林杯および、4日のインカレにそれぞれ村瀬先輩、石塚先輩のスキッパーをやらせていただくことになりました。今回が初レースとなります。
右も左も分からないままティラーを任された春練から数少ない練習の中でここまでやってきたすべてを、経験したことの無いビッグフリートに飲まれることなくレースにぶつけていくつもりです。
また、本物のヨット実力者が揃うこの絶好の機会を自分の今後の大きなアドバンテージに出来るように、初めて参加する今大会を「学び」のレースに位置づけ、困った時は、周りの動きをとりあえず徹底的にパクるくらいの勢いで考えております。
よろしくお願いします。


医学部2年 snipe級 野澤 優太

今回、4年の中野先輩のクルーとしてインカレに出場させていただきます。
クルーとしては、同志社ウィークを含め、2回目のレースとなります。前回のレースでは満足できるほどにはできなかった権利主張や雑になってしまったクルーワークを、丁寧に正確にしたいと思います。
また風によっては、林杯では中野先輩のスキッパーとして出場する可能性があります。春練からスキッパーを始めましたが、技術はまだ未熟でレース時、特にスタート時にそれを痛感しております。とにかく練習の成果を出して行きたいと思います。
他大学のレベルの高いセーリングを見ることができますので、少しでもクルーやスキッパーの技術を盗んできたいと思っております。


医学部2年 snipe級  原田 凛太郎

中野部長のスナイプクルーとして林杯、西日本インカレに出場させて頂きます原田です。
同志社ウィークに続き出させて頂くのですが、前大会では大会に慣れるだけで精一杯な部分もあり得られたものが少なかったかもしれません。しかし同志社ウィークのおかげでビッグフリートにも少し慣れたため、西医体に向けて、これからの小戸での1週間で大きな収穫を得て折尾に帰ってきたいと思います。

医生祭 感想 2018

医学科2  470  石川 和之

2学年の石川です。

今回の医生祭はこれからの部活動に対して大変有用な機会となりました。

今後の活動資金にも貢献できたのではないかと誇りに思っております。

用意していた食材もすべて使い切り、順当にフィナーレを迎えられたと感じております。

後輩も指示を出したら精力的に活動してくれたため、円滑に作業を進められましたしありがたい一心でした。

後輩との関係も一層強固にできたと感じております。

ご来店いただいた方々、ご協力いただいた皆様、販売に携わった同期・後輩には深く感謝申し上げます。

 

医学科2  470  大山 峻太郎

40回医生祭は準備日も含め、全日程がヨット日和ともいえる好天の中行われ、大盛況となりました。

ヨット部の屋台では、店長の中嶋を筆頭に、焼きそば・じゃがバター・くじを販売しました。

特に焼きそばは、炭火で焼くというこだわりをウリにし、学生をはじめ、多くの方からの好評を頂きました。

尽力の甲斐あってか、昨年を上回る利益を得ることが出来ました。

これも、大和先生はじめ、期間中にヨット部の商品をご購入頂いた沢山の方々のお陰と存じます。

大変ありがとうございました。

得られた利益は艇置料など、ヨット部の活動が有意義なものになる様、充てていきます。

ヨット部は、また来年も出店する予定ですので、皆様のご来店、お待ちしております。

 

環境マネジメント学科2  snipe  中嶋 友佳

今年の医生祭で、店長を務めさせて頂きました。

口頭ではちゃんとした反省が出来なかったのでここで振り返りたいと思います。

まず、全体を通して1.2年生全員が、自分から仕事を探して働いてくれたことが嬉しかったです。副店長をはじめ、1年生は初めてで分からないことが多いながらも何度も売り込みに行ってくれました。2年生は1年生だけでなく、私のサポートもしてくれて、本当に感謝しています。

そして、1日目から多くの先輩方に来ていただき、お店の販売にご尽力いただきました。お忙しい中、大和先生も来てくださり、我々の焼きそばを褒めていただきました。

ありがとうございました。

まだまだ未熟な1.2年ですがヨットに精進致しますのでこれからもよろしくお願いします。

 

看護学科2  マネージャー  森 咲帆

医生祭お疲れ様でした。今年はお店の最上級生として、中心になってお店を運営しなければならない立場でしたが、一年生が積極的に仕事をみつけ、働いてくれて本当に助けられました。また、一年生は初めての医生祭ということで、ステージ企画や他部活の出店に沢山行きたかったと思いますが、あまり行かせてあげられず申し訳なかったです。

総じて一、二年生の関係がこれまで以上に密になりましたし、充実した医生祭になったので良かったです。最後になりますが、大和先生を始め、ご協力してくださったOBOGの先生方、また先輩方本当にありがとうございました。

 

医学科1  470  佐藤 槙紀

抱負の通り、与えられた職務を十全にこなしつつ、適度に医生祭を楽しめたと思います。

 ヨット部の出店では焼きそばの調理を担当し副店長である野沢の調理補助や火おこし・代わりに調理をする事に基本従事しておりました。そこで、部員のみんなで出店を運営していく上でチームワークの大切さについて確認できたと思います。また、AED班のヘルプや施設警備部のシフトも特にトラブルなくこなせたと思います。もちろん、職務一辺倒ではなく、芸だしの照明を担当したり、骨髄バンク部のライブなども満喫いたしました。

 次の医生祭では来年の一年生が今年の私と同様に満喫できるように尽力していきたいと思います。

 

医学科1  snipe  澤井 陽菜

今年の医生祭では主に受付兼くじ引きの役割を担わせて頂きました。

右も左も分からない状況でしたが2年生の先輩方をはじめとする3年生以上の先輩方の助けやアドバイスを頂きながら大きな問題も無く焼きそば完売、じゃがバターもほぼ完売、くじも盛況という結果で医生祭を締めくくることができました。副店長である野澤さんが主に調理を担ってくれた焼きそばはラグビー部のものよりも遙かに美味しい仕上がりであったと思います。また、主に店長の中嶋先輩が調理して下さったじゃがバターもホクホクでとても美味しかったです。実際に同期の友人も美味しいと言ってくれていたことが非常に嬉しかったです。また、2年生の先輩方がたくさん奢って下さり、多くの他部活の模擬店の商品を思う存分食すことができました。これもまた1年生にとっての医生祭における醍醐味、または特権であると感じました。先輩方が奢って下さったことで、医生祭を何倍増しにも堪能できたのではないかと思います。初めての医生祭ではありましたが、本当に楽しい思い出となりました。先輩方と3日間を通じてヨットではない1つの目標に向かって尽力する、ということがひどく新鮮に感じました。様子を見に来て下さった5,6年の先輩方、販売に関してアドバイスを下さった3,4年生の先輩方、仕入れや調理、販売計画など模擬店に関する全てを仕切って下さった2年生の先輩方、副店長の野澤さん、店長である中嶋先輩には本当に感謝です。今年はあまり押し売りができなかったので、来年はもっと積極的に販売を行っていきたいと思います。また、来年はどの時間帯にどこに売りに行けば売り上げ上昇につながるのか、といったこともマニュアル化するなどして作戦を立てて今年を上回る売り上げを叩き出せたらと思います。

 

医学科1  470  髙野 桜子

初めての医生祭で思っていたよりも大変なことを多かったですが、とても良い思い出になりました。

店長のゆか先輩、副店長の野澤を始めとする皆のおかげで乗り切ることができたなと感じています。自分なりにできることは最大限やり遂げましたが、同期が活躍する姿を見て来年はもっともっと貢献できるといいなと思いました。3日間お疲れ様でした。ありがとうございました。

 

医学科1  470  中原 脩

抱負を実行すべく、中身の濃い最高の3日間を送れたと思います。骨バンの献血ではシフト以外の時間も入ったり、施警のヘルプに入ったりと積極的に動けました。ヨット部の方では、割と部のテントにいることが少なかったため、他の部員並みに店番に貢献することは出来なかったのですが、テントにいる時は食材の下準備をしたり鉄板で実際に焼きそばを焼いたりと、少しでも広く多くの仕事が出来たのではないかと思っています。味は勿論、誰もが手に取りやすい焼きそばとじゃがバターということもあって売れ行きも好調で、無事に完売という形で店を閉めることが出来ました。

来年の医生祭では、今度は先輩として1年生を率いる形で活動していかなければなりません。今回同様全力で楽しむことは勿論ですが、それ以上に主体的に動き、部活に貢献していく所存ですのでよろしくお願いします。

 

医学科1  snipe  野澤 優太

 今回の医生祭で副店長を務めました1年の野澤です。初めての医生祭でしたので、どのような感じになるのか全くわからない状態でしたが、焼きそばを作ったり、施設警備部の仕事を全うしたりと3日間たいへん楽しく過ごすことができました。副店長としての仕事は店長の中嶋先輩のおかげでほぼ何もありませんでした。同期をはじめ、様々な方たちのおかげで、無事にやりきることができました。ありがとうございました。また店に来ていただいたOBOGの皆様、先輩方ありがとうございました。

 

医学科1  snipe  原田 凛太郎

今年医生祭を三日間頑張らせて頂きましたが、色々大変な中でも非常に楽しかったです。

ヨット部として焼きそばを作って売りこみに行ったりくじ引きで子供の相手をしたりという作業を三日間続けた、というととてもしんどいように思われるかもしれませんが、実際の所はあまりしんどくはありませんでした。しんどかった所といえば、他の部活や様々な部署などに売り込みに行っている時に「買わん」と突っぱねられたことくらいです。焼きそば作っている時は、ずっと作るだけの作業しているだけでなく先輩方が遊びに来て下さって気を紛らわせてもらったり、他の部活で買ってきて下さったお昼ご飯を食べたりとお世話になりました。また、くじ引きの子供の相手をするのは私にとっては逆にご褒美で、子供が当たりを引いて喜んでいる姿を見るとそれだけで元気が湧いてきました。

後夜祭、飲み会も非常に楽しく、その翌日は片付けできっちりと片付けをしました。来年も私達は二年生になってまた医生祭で店を経営する羽目になるというのは分かっていたので、特別名残惜しいと思うことはありませんでした。しかしながら、今年の医生祭で作った楽しい思い出は、一年生としての医生祭での思い出はかけがえのないものです。今年先輩方に親切にして頂いて嬉しかったこの気持ちは来年以降の後輩に還元出来るように、また先輩方への感謝の気持ちも忘れずにしたいと思います。まだ書ききれていないことは沢山ありますが、以上をもって今年のヨット部医生祭での感想とさせて頂きます。

 

看護学科1  マネージャー  薬王 麻記子

まずは医生祭にご協力いただきました大和先生をはじめOBOGの方々や先輩方にはこの場をお借りして御礼申し上げます。ありがとうございました。

今年は3日間とも晴天に恵まれ、よい気候の中模擬店を出すことができました。焼きそばという、新たなメニューでしたが、皆さまの協力のおかげで無事完売となりました。

今年の経験を生かして来年につなげていきたいと思います。

医生祭 抱負 2018


医学科2 470  石川 和之

医生祭に参加させて頂く2年の石川です。

昨年は現3年生に牽引される形での仕事となりましたが、今年は1年生を率先して販売作業をすることとなります。

部活動のための部費を稼ぐということが目標でありますが、それ以上に部活動の一環として後輩に対する指導や上級生の体裁を磨けたらと思います。

また、同期の中嶋が店長を務めております。中嶋に一切任すのではなく、積極的に分掌するよう心積もりしております。

多くの方のご来店をお待ちしております。

医学科2 470  大山 峻太郎

今年の医生祭ではアツアツの焼きそばと、ホクホクのじゃがバターと、子供受け必至のくじを売ります。

ヨット部のお店に立ち寄れば、最近の寒さをも感じさせぬポカポカした気分になれること間違いなしかと思います。

昨年は3日間のうち1日が中止となり、お店も隅の方でした。

しかし今年はお店の位置に恵まれ、売れ行きも期待大です。あとは好天を祈るのみです。

昨年を上回る利益を出せるように頑張ります。

OBOGの皆様はじめ、多くの方のご来店お待ちしております。

環境マネジメント学科2 snipe  中嶋 友佳

今年度の医生祭で店長を務めさせていただきます、2年の中嶋です。

今年のヨット部は焼きそばとじゃがバターとくじをします。

頼もしい副店長をはじめとする1年生と私たち2年生で上手く盛り上げられたらなと思います。

今年は何よりも1年生が8人もいるということで、本当にありがたいです。店長としては至らないことが多々あると思いますが、みんなの力をかりてやり遂げたいと思います。

1年生には初めての医生祭なので存分に楽しんでほしいです。そして2年生は楽しむことは何より、昨年の経験を活かして多くの人を呼び寄せることができるように頑張りたいと思っております。

OBOGの方々にもお越しいただきたいと思っておりますので、気軽に来てください。お待ちしております。

看護学科2  マネージャー  咲帆

今年の医生祭では、じゃがバター、くじ引き、焼きそばをします。今回私たち2年生がお店の最上級生として運営していきます。昨年先輩方から教えられたことを後輩たちに伝え、楽しくお店をやっていけたらと思います。ご都合が合いましたら、是非お越しください。よろしくお願いします。

医学科1 470  佐藤 槙紀

今回がはじめて参加する医生祭であり、大学の学園祭に参加するのも初めてであるので、正直医生祭がどのようなものであるか想像も付きません。ですので、今回の医生祭の抱負は二点に絞りました。積極的に部署や部活にて任された職務を全うすること。精一杯楽しむこと。以上を私の抱負とさせていただきます。

 この二点を果たすことで、良い思い出を作りつつ、その経験を医生祭以降の学生生活や来年以降の医生祭に繋げられると思います。

医学科1 snipe  澤井 陽菜

初めての医生祭であるが、先輩方に教わったり自ら体験して医生祭における楽しみ方や部活ごとのお店における働き方などの把握ができたらと思う。

調理係は自分にとっては難しいと思うが、その分販売に尽力していきたい。

店長を務める中嶋先輩や副店長である野澤さんの更なる負担とならないように自分なりに精一杯の働きを行いたいと思う。なけなしのコミュニケーション能力と人脈を最大限利用して完売を目指したい。

医学科1 470  髙野 桜子

初めての医生祭で少し緊張していますが、部署でも部活でもしっかりと仕事を全うし、全力で楽しみたいです!先輩方や同期の皆と協力し売り上げに貢献できるように頑張っていこうと思います!!

医学科1 470  中原

飲んで食べて観て作って売って売って売って、最高の医生祭だったと思えるような3日間にします。

医学科1 snipe  野澤 優太

今年私は模擬店の副店長として参加いたします。私は焼きそばを作る予定です。よろしくお願いいたします。

医学科1 snipe  原田 凛太郎

 初めての医生祭に参加させて頂くのですが、楽しみなことが多い一方、一年生とは言え少ないながらも責任もついてくるのだろうと思います。

  楽しみなことは、大学に来て下さるミュージシャンの方々のライブや部活毎の出し物を観たり、屋台の食べ物を食べたりすることです。また、私は医療部の部署に所属していて、その部署活動で着ぐるみに入って募金活動するのも楽しそうですし、ヨット部の屋台で学内に限らず学外から来て下さるお客さんと接することも楽しそうです。

  しかしながら、一年生だからといって何も責任を負う必要がない訳ではありません。もちろん先輩の方々が中心となって医生祭は運営されていくのですが、私も先輩から任された仕事は最低限果たさねば医生祭を楽しむ権利は無いと思います。与えられた仕事はきっちりこなし、仕事が無くなればめいっぱい楽しむ。このメリハリを意識して、医生祭の三日間を送りたいと思います。

看護学科1 マネージャー  薬王 麻記子

はじめての医生祭ということもあり、分からないことも多いですがとても楽しみにしています。ヨット部として今年は焼きそばを売るとのことで張り切っていきたいと思います。

よろしくお願いいたします。



 
 
 
 
 
  


2018 西医体 抱負

医学科5年 snipe級 岡田 重
現役最後の西医体となりました。
4年前の私が1年生の時、今回と同じ浜名湖であった西医体でヨットの熱い戦いを目にし、他校が勝った表彰式を目で見てられないほど悔しかったのを今でも覚えています。それから北九州へ帰るフェリーの中でもどうやったら勝てるか考え、今日までもずっと浜名湖で勝つことを考えてきました。
目指すは、スナイプ級の連覇、そして産業医科大学の総合優勝です。
気負わず、丁寧に、冷静に、楽しく、5年間の集大成を毎レースに出してきます!
行くぞ!!



医学科5年 470級 村瀬 圭祐
今回470のクルーとしてコメディカル、本レースに出場させていただく村瀬です。
ついに最後の抱負となりました。最初に抱負を書き始めてから何回書いたかわかりません。今までは自身の抱負について書いていましたが、今回はチームの抱負になります。
チームの目標として総合優勝を目指していますが今もそれは変わりません。そしてそのためには1人で頑張るだけではなく、チームが互いに支え合う必要があると思います。身近でいえばスキッパーの常世田がそうですが、他にも1年生から5年生まで全員です。逆に考えると今回のレースでは470チーム全員に支えられて本レースに参加するのでプレッシャーも大きいです。特に初めての湖や初めて4日間というレース日程などなにかと初めてばかりでこの抱負を考えている今も恥ずかしながら緊張しています。しかし、チームみんなの思いをのせていると考えるとおちおち緊張もしていられません。
他の選手も精神的にくるものが多いと思いますが、それを支えるのも最上級生としての仕事だと思っています。まずは皆で心を落ち着けて、次にいつもの技術を為し、優勝杯を狙っていきます。
1年生のみんな、楽しみながら頑張ろう!!
和之、ゆかちゃん、さきほ、雅、まどか、まやちゃん、石ちゃん、サポートよろしく!!
大山、重、クラスは違うけど俺たちはチーム。目指すは総合優勝!!
常世田、持ちつ持たれつで最高のスピードを出そう!!
最後にOB・OGの皆様、昭十九さん、いつも支えていただきありがとうございます。応援よろしくお願いします。
短いですが、これで最後の抱負とさせていただきます。



医学科5年 470級 石塚 洸太郎
いつもお世話になっております医学部5年の石塚です。
まず、私事で色々とお騒がせいたしまして皆様申し訳ございませんでした。
この度コメディカルレースで3年高橋のクルー、2年石川のスキッパーとして出場いたします。先輩、後輩、そして同期の有田、岡田、村瀬の支え、ご相談などさせて頂いたOBOGの皆様のご支援があって無事出れることに何より感謝しています。自分の現役最後の西医体です。悔いなく走り、後輩に少しでも見本になればと思います。
そして総合優勝という部の目標を達成できるようサポートし、盛り上げていきます。
皆様産医大ヨット部へ熱いご声援よろしくお願いします!


医学科5年 470級 有田 麻耶
久しぶりに大会に向けての抱負を書かせていただきます。
自分はここ2年ほどプレイヤーのサポートメンバーとして活動していました。
プレイヤーのように具体的な目標は書けませんが、最後の西医体ということで、今までの感謝の気持ちを込めつつ、自分の分までレースで走ってくれる同期、そして後輩たちを陰ながら支えていけたらと思っています。


医学科4年 470級 常世田 修平
四年470スキッパーの常世田です。
今回の西医体は5年の村瀬さんのクルーとして出場させて頂きます。
絶望的な成績を取ったインカレから早3ヶ月、今年の西医体がやってきました。
この3ヶ月ほぼ全員に下手くそと思われてもなにクソ!と思いながら必死こいて、どこが悪いのか、何が課題で何を直せばいいのかスナイプペアとともに考えて、多くの人にボロカス言われながらも艤装などから考えやっていきました。
成績は特に残すことは出来ませんでしたが、無茶言って出させていただいた九州470、芦屋カップ、九州個戦、全てのレガッタの中の一つ一つのレースを通して、成長することができたと思います。
もちろんレガッタだけではありません。
昭十九さんや多くのOBOGの皆様、KSCの皆様、小戸のレガッタでは必ず来てくださり、いつも僕たちに目をかけてくださる中河原先生、いつもお忙しい中間をぬって来てくださって僕たちの指導してくださった加藤先生や、勉強で忙しい中時に厳しく、時に走り比べをしてくださった六年生、また小戸のレガッタにて僕たちに技術はもちろん心の持ちよう、遠征など多くのことに気をかけてくださった黒田さん、全ての人に自分は助けられてやってきたのだなと部長になって、ひしひしと感じます。
もちろん豆腐メンタルの僕をクルーとして支えてくださった村瀬さんには感謝しかないです。どうかこんな僕ですが、最後までお付き合いください。



医学科3年 snipe級 中野 円華
今年の浜名湖の西医体のプレレースの1・2レース目に2年中嶋のクルー、3レース目にスキッパーとして出場させていただきます。
私たちは2・3年の女子ペアということで経験もパワーも他と比べると圧倒的に不足していますが、私たちの1番の長所であるチームワークの良さでカバーしたいと思います。練習中、レース中、レースの合間に関わらず気になった事などは全て話し合いコミュニケーションを取りながらセーリングに臨みたいと思います。
また、私はヨットはいかにミスを減らせるかという事が速さのカギになってくると考えています。クルーの時は体重移動やジブの張り替えで失敗をせず、スキッパーの時はテルテールを乱さずかつメイントリムを常に正確に出来るようにする事が今回の西医体での目標です。
スナイプに入ってくれた1年生の3人に少しでも格好いい所を見せられるようにします。
今回の西医体で、ヨットの技術や運営について1番お世話になった5年生の先輩方が引退されます。少しでも良い順位を取り、岡田先輩、有田先輩、石塚先輩、村瀬先輩に安心して引退して頂けるように残り少ない時間ですが練習して参ります。
最後になりましたが大和先生を始めとしたヨット部を支えてくださっているOBOGの皆様、本当にありがとうございます。
皆様のご声援に応える為にも全力を尽くしますので宜しくお願い致します。



医学科3年 470級 髙橋 雅
西医体のプラクティスレースに、5年生の石塚先輩のスキッパーとして出場させていただきます。
6月初頭に仙骨を骨折し、なかなか練習が出来ませんでしたが、それでも自分の中で出来る限りの走りをしたいと思います。
石塚先輩にクルーをしていただくという貴重な経験で、技術知識共に吸収したいと思います。
また、西医体の遠征が円滑に進むように、本レースでの優勝に向けて影ながら尽力したいと思っておりますので、皆様、ご声援をよろしくお願い致します。



医学科2年 470級 石川 和之
この度、5年生の石塚先輩の470級クルーとしてコメディカルレースに出場させて頂く2年の石川です。
林杯に続き、今回で2回目の大会参加となります。林杯では基本動作に関する知識不足や単純な動作ミスなどを生じ、その改善を目標にすることに至りました。そして春までの練習では基本動作の練習などが多くありましたが、この夏は西医体に向けての練習を行なってきました。その中でただ帆走するだけでなく、他艇の状況を見てルームの交渉を行なったり権利の主張をするといった戦略的な行動が必要であることを感じました。それらの判断は経験の寄与するところが非常に大きく、経験の乏しい私には大変難しく感じました。特にレース本番では練習とは比較にならないほど多くのヨットが存在し、戦略的行動の機会は多くなります。これもまた経験を積むものとして意欲的に奮闘していきたいと思います。
また、石塚先輩の引退レースとなるため、緊張感に満ちておりますが出来る限りの力を尽くしたいと思います。
どうぞご声援のほどよろしくお願いいたします。



医学科2年 470級 大山 峻太郎
第70回西医体のプレレース・本レースに岡田先輩のクルーとして出場する大山です。
今年5月までは470級に所属していました。
スナイプ留学を決意してから3か月弱で何とか西医体を迎えます。
ここまでの期間はとても濃厚なものでした。本レースに出場する4人で度々ミーティングをし、練習方法を考え、振り返り、次回に繋げたりしていました。この練習にはとても多くの方の支えがあって成り立っていました。足繁く練習にお越しいただいている大和先生をはじめとしたOBの皆様、後輩である大山に綺麗で速く強い艇に乗らせてくださっていた先輩方、大山が乗る代わりに運営をさせることが多くなってしまっていた同期の石川・中嶋、細かい注文を受けながらもその通りに運営・動画撮影をしてくれた1年生、プレイヤーと一緒に海上に出て運営を手伝ってくれているマネージャー...とても多くの人の支えに甘えていた期間でした。
恥はかき捨て、と小戸に遠征して強豪大学との合同練習・大会に参加してきたのは成長のための大きな一歩になったと思っています。ここでは同じ年代のうまいプレイヤーの姿をみて、自分の不甲斐なさに落胆しながらも触発されたり、失敗から学ぶことも多くありました。それまでは、重さんの足を引っ張らないように、というネガティブ要素のある思考でしたが、小戸遠征を機に、重さんの力を上げられるようにというスタンスに切り替えることもできました。重さんと一緒に筋トレしたり、一切の妥協のない31332の整備をしたりして自分もちょっとは上げられたように感じることもあります。
5月にスナイプ留学を決めた時には強くなりたいからという理由が一番大きかったです。練習をしてはいるので、ヨットに乗り始めた1年前・スナイプに乗り始めた3か月前よりも上手になっているのは当たり前です。ただ、それが勝てる上手さつまり強さに達しているかはこの西医体の結果で判断されることだと思います。ここまで練習してきた重さんと自分、あと運も信じて、浜名湖で全力を出し切りたいと思います。
皆さん応援よろしくお願いいたします。



環境マネジメント学科2年 snipe級 中嶋 友佳
今回西医体においてプレレースに、3年の中野先輩のクルーそしてスキッパーとして出場させていただきます、2年スナイプ級中嶋です。
私にとって課題は沢山ありますが、今回の目標はマーク回航です。普段、本レースに出場する先輩方との練習で、オーバーラップした際のマーク回航が上手くできずに大回りしてしまいます。レースとなると多くの艇が周りにいる中で回航しなければならないのできれいに回航できるようにしたいです。
5月にインカレで初レースを経験し、課題が沢山ありました。改善すべき点を挙げたものの、それからの練習で簡単に出来るようにはなりませんでした。だから、一つ一つを確実にこなしていきたいと思います。
ご声援よろしくお願い致します。



医学科1年 470級 中原 脩
中原です。先輩方の応援に死力をつくします。
また、まだ470のメンバーとして右も左も分からない部員ですが、今後自分がディンギーに乗るに当たって必要な数多くのことを、先輩方からだけでなく他大学からも学ぶ貴重な機会にしたいです。